コンテンツ
HOME > 店長ブログ

店長ブログ

Automobile Council‬ 現場レポート編

3日間行ってきました、第一回オートモビルカウンシル

慣れない経験だったので、クタクタになって全身あちこちが痛いです。情けなやー。

(ほとんど自分はブースにつきっきりであまり遊べなかったのですが、いろいろ写真は撮ってきたのでこちらからどうぞー)

 

毎朝会場入りすると、このすごい景色のちょうど真ん中あたりにゴルフ2が並ぶ様子が見えて、超感激でした!

 

 

前日準備のときに僕が心配していたようなことは全然なくて、来場者さんの、客層も、ゴルフ2に対する反応も、僕の想像をはるかに超える良さで最高でした!!

 

 

3日間を通して来場者さんを見ていて感じたのは、

 

みんな笑顔で過ごしている、

みんな車を丁寧に扱って見ていってくれる、

昔の思い出と、これからのヘリテージカーについてを、みんな思い思いに語りあっている。(口の悪い話が全然聞こえてきませんでした)

一緒に来る子供ちゃんたちが、みんな車に詳しい!(僕らが子供のときは、けっこうみんなこうだったよなー)

 

そんなことを肌で感じて、このイベントが継続して成功していければ、きっと日本の自動車文化も安心だな、と思いました。何をおおげさな、って感じもするかもしれませんが、現場にずっと居た者の正直な感想です。これほど雰囲気が荒れずに前向きに将来をイメージできる大きなイベントって、他に見当たらない、って思ったんです。

難しいことは僕には語れませんし、そういったことはいろんなメディアでレポートされていると思いますので、それを見てみてください。僕がここで書けるのは、僕の個人的な視点での感想とご報告だけなので(^^;;

 

 

スピニングガレージのお客さんたちも、たくさん来場してくれたのですが、みなさん話に出てきたのが、

 

スペースがゆったりしていて、音もなくて静かでいい。

(星野歯科院長は、期間限定の美術館の展示を見に来ているようでいい。静かだから他のお客さんの会話も漏れ聞こえてきて、その会話の内容もまた深くて楽しい、って言ってましたねw)

周りの来場者がDisったりわけわかんない批判したり、みたいな感じ悪い人がまったくいないのがいい!

人がぎゅうぎゅうにならないので、じっくりクルマを眺められていい。

キャンギャルとカメコがいないのもいい。

ブースの人と落ち着いてきちんと会話できるのもいい。

隣のお客さんと自然に意気投合して面白い話がきけたりしたのもいい。

 

という内容でした。高めだとSNS等で言われていた入場料も、実際に来ている人たちとの話だと、この雰囲気でこの価格は安い、って。

これも、来ないとわからないことですよね。来られなかったかた、次回はぜひ。

 

 

イベントは集客数だ、とばかりに、タダ券を乱発したり、キャンギャル頼みやノベルティ頼りになってしまうと、必ずこの雰囲気にはならなくなると思いますので、この「入場料を高めに設定して入場者数を限定することで、来場者満足を最大化しよう」という考え方が、実際に来た人のココロにはしっかり刺さってた、っていうことですかね。

面白いな、と僕が感じたのは、来ているお客さんはその辺のことを自然に感じとっているのに、クルマ業界の人とかメディアの人に限って、「来場者数少なくない?大丈夫かね」とか「会場スカスカだな。出展者集められなかったのか?」とか、いろいろ的外れなことを言ってたりしました。業界常識というか先入観って、怖いものです。そういう人には、このイベントはこうすべくしてこうなってるんですよ、キャンギャル禁止音出し禁止で、タダ券もまかないし、チケットも数量限定だったりするし、なんていう説明をしていたりしました。それで、なるほどねーなんて話がはずんだりもするので、それはそれで楽しかったのですが、帰宅して思い返すと、なんか釈然としないなーっていう気持ちが出ました。業界の人とかメディアの人なら、そのイベントのコンセプトくらい頭に入れてから来るべきなんじゃないの?お客さんの理解度に追いつけてない、って、プロとして頭膠着してんじゃないの?って思わなくもないなぁと。

まあ、第一回だからこそそうなるんでしょうけど。また、業界内の人だからこそ理解しづらいものがある、というのも、これから新しいことを社会に提案しようというイベントならではの構図なのかな、とも思いましたが。真相はどうなんでしょうね。

 

 

今後もこの雰囲気の良さを活かして、敷居は下げ、客層も出展者層も荒れないようにするには、並大抵の努力じゃできないだろうとは思いますが、自然に回を重ねてイベントの規模が大きくなっていけば、きっと面白いことになるんだろうなーと思います。ちょうど、東京蚤の市がそんな感じですよね。あれだけ爆発的に人が集まるのに、全然荒れない。

 

 

 

何はともあれ、3日間ありがとうございました!

次回はもうちょっとメンバーを増やして、僕も現場で遊べるようにしたいです。(どうも貧乏性なので、こういうところにいると根詰めちゃいます)

 

 

 

 

最後に、実際に出展してみて、僕が勝手に感じたうちの店がここに出る意義というか、久保さんにこんなことを期待されていたのかなぁと感じる部分が、

・ヤングタイマー(ヤングクラシック、ライト旧車)のメイン車種として、この場に当たり前にゴルフ2がいる光景を実績として作ること。

・オートモビルカウンシルの中でも、ヘリテージカーが即売されている、というのは大事なコンセプトなので、実際にこの会場で実売された(ゴルフ2の価格帯だと他のヘリテージカーに比べて買いやすいので)実績を作ること。

・うちの店のことをまだ知らないけれどもゴルフ2に興味のある人が、まだたくさんいるんだ、というのを僕が知ること(おそらく久保さんはこれを僕に一番伝えたかったんだと思うんですが、日本唯一のゴルフ2専門店だし、どんな広告媒体に出してももう新規集客なんてできないくらいになってしまっているので、潜在顧客が隠れてるイベントなんて、日本中探してももうどこにもないだろう、っていう先入観を持ってしまっていました)

・このイベントの空気を感じて、僕がうちの店の10年20年先のコンセプトをイメージすること。

・うちがオートモビルカウンシルに出展してこんなに良かったよ、っていう話をできることで、来年以降ヤングクラシックを扱うお店が出展してきてくれること。(本当にそんな助けになれれば、これほど光栄なことはないです!)

・・・なんていうことを思いました。また思い出したら後で書き足します(笑)。

 

 

ほんとに、今回出展できて、ゴルフ2が希少な立ち位置にあるクルマなんだ、ということも改めて実感しました。いつの間にか他のヤングタイマーたちは相場が高騰しているし。

これから先10年間でまずは、極力ゴルフ2の台数を減らさないように全般的なコンディションを底上げして、相場が高騰しないように食い止めつつも、値段がつかないから捨てる、という構造にはならないように。また、従来通り中古車としての流通はありながらも、同時に、コンディション極上のクルマはヘリテージカーとしての相応な相場も形成されるように、”きちんと手をかけて仕上げればきちんと売れる”ような市場が作られていくことを目指さなくてはいけないな、と思いました。

 

たまに、唯一のゴルフ2専門店としての自負とか責任をもっと持て的な話を振られると、そんなものはないしそんなことを押しつけられるのはハタ迷惑だ、と思ってきましたし、今でもそんな偉そうなことを自分から発信するのは嫌いですが、これからのゴルフ2の市場形成に積極的に関わろうというお店が他になくなってしまっている現在、誰かがその道筋をつけてくれるわけではないので、自分たちでそこをイメージして道を作らないといけないんだよな、という風には考えるようになりました。あくまでそこには自負も責任も持ちませんが。そこまで器はでかくありませんので、人からそんなことを言われると僕はあっという間にそれに押しつぶされます。

 

でも、自分の中ではそれを目指してライフワークとしていけたらいいな、とは思います。自分の好きな車と関わって引退するまで食っていけたらいいな、というくらいのおぼろげなイメージだったのが、オートモビルカウンシルに来るような超旧車に理解のある層の人たちがみんな、ゴルフ2はいいよねー、懐かしいな、また乗りたいね、と話されるのを見て、「今でも戦前のクルマを動かすことを仕事にしている工場があるんだから、うちもずっと続けられる可能性は高い。ひょっとしたら、日本に残るゴルフ2たちよりも僕自身がこの世からいなくなる方が先かも」って、思ったんです。

 

 

 

 

また次回にむけて、がんばろっと。

コメント(0)

スピニングガレージ/アクセス・地図 お問い合わせ 中古車販売に関するお問い合わせ パーツ販売に関するお問い合わせ

PAGE TOP