• 在庫車リスト
  • パーツ販売
  • 納車ブログ ゴルフ2仲間ニューカマー
  • 小倉正樹のニナルハズ物語
  • WEB雑誌 ゴルファーズシリーズ
店舗情報
スピニングガレージ

〒252-0154 神奈川県相模原市
緑区長竹2748-1 地図
TEL : 042-780-8198
FAX : 042-780-8199

プライバシーポリシー
スピニングガレージって?
HOME > ゴルフⅡが初めての方へ ゴルフ2図鑑 >カブリオ図鑑 カタログ通常モデル
  • ゴルフ2図鑑
  • ゴルフⅡを安心して乗るために
  • ゴルフⅡってどんな車?

カブリオ図鑑 カタログ通常モデル

 

 

カブリオの日本仕様を追います。
こういう場合旧い方から時系列で追うのがセオリーかとは思いますが、大人の事情(爆)でタマ数の順で・・という訳で、(実は忘備録だったりします(笑))

イヤーモデル制を取るメーカーなので本来こういう分け方はしないのですが、説明のしやすさもありますので物理的に、
4期・90モデル以降  (2Hエンジン)
3期・88~89モデル (JHエンジンBスペック) 
2期・85~87モデル (JHエンジン)
1期・80~83モデル (EJ・ENエンジン)
と、あくまでも便宜上ですがざっくり4つに分けました。
(物理的に、って言ってるんなら
1期に関してはひとくくりにしてはいけない事は理解していますが、なにしろ1期は現存する個体が非常に少ないので、ここは多めに見ていただきたく・・・
もうちょっと「ひらたい」言い方をしますと、1期の機関はゴルフ1ベース、2期以降の機関はゴルフ2ベース、という事で良いかと)


本文・・新しい方から。


4期(90モデル~最終 2Hエンジン)

 

(4期は、3期と外観上では見分けがほぼ付きません。ビニールレザー幌外皮、アルミホイールのデザイン等 不変です)
4期が3期から変更された点は、
燃料噴射がゴルフ2の88以降の8バルブ車(RVエンジン)
と同じデジファンドという電子制御インジェクション化、
幌が電動で油圧ポンプを駆動する、いわゆる電動オープン化、
という点です。(劇的進化と言っていいレベルのアップデートです)

4期の内装は、90、91モデルでは3期と同じグレンチェック柄↓のシートですが、

 

 

同じ4期でも、92モデル以降はこの柄↓(メーカー呼称「ヘリカル」)となります。

 

 

クラシックラインは4期モデルに限定車用の特別装備をされるもので、メカニカル面の変更はありません。
(別ページでご覧ください)
ただし、90,91,92、93、この4モデルを大きく「4期」とくくりましたが、メカニカル面の変更は無くとも、細かな変更は年次でされています。
ボディカラー、ドアスピーカーの構成が変わっていたり、電動幌のスイッチの位置も変えられ(センターコンソール→ダッシュボード左下)たり等。


3期(88、89モデル JHエンジンBスペック)
3期4期共通の外観画像↓をご覧ください

 

 

3期4期、標準グレードの外観と装備は
・ビニールレザー幌
・13インチアルミホイール
・エプロン部一体成型ボディ同色エアロバンパー(前後共)
・上記エアロバンパーに合わせたサイドステップ
・サイドステップまで続く形状のボディ同色フェンダーアーチモール

(アーチモール前側の黒い箇所は黒いドット模様を印刷された厚手の透明保護シートです。

Fタイヤが巻き上げた砂利が当たっても塗装を保護する目的のストーンガードです)


3期は内装は上で載せた90、91と同じです。
3期が4期と違う箇所として、
燃料噴射のタイプが機械式電子制御というタイプ
(85モデルから不変のKEジェトロニック)
幌は電動機構の無い手動オープン、という構成です。

 

 

こちらも3期、4期で共通の外観
この4灯グリルは88年以降最終モデルまで不変です。
(ゴルフ2の88以降の見た目のグリルと考えていただけば良いです)
尚、グリルはゴルフ2とは全くの別物で
(ちなみに87以前のカブリオの部品と違って一体整形部品です)
このデザインの純正部品による2灯化ができません。
(2灯化には、87以前カブリオもしくはゴルフ1の部品が必要です)
JHエンジンBスペック(勝手に名づけました)と書きました。
Bスペック化=油圧タペット(間隔自動調整)採用です。
87までのJHはバルブ間隔の調整がシム式です。

2期(85~87モデル JHエンジン)
燃料噴射は2期と3期は不変、幌も手動ですが、大きく異なるポイントは外観です。
順番が前後しますが、2期以降は1800ccの、ゴルフ2の機関となります。
(2、3、4期、排気量に関してはほぼ不変です)

 

 

画像の通り、大きなところでは前後バンパーが上下幅の薄い、

樹脂無塗装の通称スモールバンパー、エプロン部はボディ補強構造部が見えます。

(オープン化される際に追加された補強構造は黒く塗装されています)
良く言う「ゴルフ1と同じ見た目」です。
グリルも横桟の多い、ゴルフ1時代から不変のタイプ。
(この部品が左右ライト部とセンター部が別体の、3分割です)
画像の個体では幌をキャンバス生地に変更されていますが新車時はビニールレザー。

フェンダーアーチモール(無塗装梨地樹脂部品)はこの期のカブリオは標準装備です。

シート生地はざっくりとしたこんな生地のシート。

 

 

 

ダッシュボードは最終までと同じデザインのものが使われています。
(ゴルフ1の81モデル以降と同じデザインです)

1期(80~83モデル EJ/ENエンジン)
大変希少で、今年創業17年の弊社でも、商品車としての入荷はのべ2台
(画像の個体含めて。これは既に販売済み)
しか無い様です。外観は2期とほぼ不変、

 

 

エンジンは燃料噴射のタイプは2、3期と変わりませんが、1期の2種のエンジンは2期以降と比較して排気量が小さいです。
(更に細かく言いますと1期は2回大きな変更があります)  >1期でくくって3モデル存在します)
画像も無いのでさらっと触れるだけですが、
1期の1・1980(昭和55)年4月 
排気量1588ccエンジンタイプEJ
(トランスミッション マニュアル(以下MTと略)のみ)
1期の2・1980年11月 
排気量1715ccエンジンタイプENに変更
(トランスミッションがMTなのは不変)
1期の3・1981年10月トランスミッションATに変更・エンジンは前年と不変
グレード名として「GLIカブリオ」に変更

と言うわけで、1期の途中で、排気量が1588ccから1715ccへ変更されています。
この変更は屋根のあるゴルフ1の80モデルから81モデルへの移行内容と同じです。
そして、日本仕様のカブリオで、MT車が輸入されたのは、この1期の1と2の、1年半だけ、という事です。


1期の1の内装の画像・80年式の、マニュアルトランスミッションのモデルです。

 

 

ダッシュボードはこの、グローブボックス部は逆スラント(下向き)部が開口するタイプ。

メーターパネルはシルバー塗装。ダッシュボード中央にスピーカーリッド(モノラル仕様の名残)

 

 

シート生地はモチっとした手触りのビニールレザーを使われています。

(画像のフロアーマットは社外で現在も新品が入手可能な「KARO」で

純正部品ではありません)

 

 

短文で商品説明的に付けておきます。
1期・80~83モデル (EJ・ENエンジン)
>純粋にゴルフ1をオープン化したもの。MTもあり。
商品が出て来るのは5年に1台以下の激レア度です。

2期・85~87モデル (JHエンジン)
>1期の見た目のままゴルフ2と同じ排気量へUPしたもの。ATのみ。
これも2年に1台くらいの入荷

3期・88~89モデル (JHエンジンBスペック)

>見た目が一気に近代化するカブリオ。基本的諸元は2期のまま。
ATのみ・手動幌。
年1台くらいは入荷しますが豊富ではありません。

4期・90モデル以降  (2Hエンジン)

>3期の見た目に88以降のゴルフ2と同じ燃料噴射にアップデート。
ATのみ・電動幌。
クラシックラインとそれ以外を合わせて年5~7台程度は入荷しています。

追記なので重箱の隅をつつきます。

「90年モデル」と言ってもリリースが89年10月に開始されたりと、前年の初冬期から翌年のイヤーモデルへの切り替えがされていますので、必ずしもイヤーモデルが初年度登録と一致しない事もあります。
この点は念頭に置いてお考えください。

BACK NUMBER

スピニングガレージ/アクセス・地図 お問い合わせ 中古車販売に関するお問い合わせ パーツ販売に関するお問い合わせ
?
PAGE TOP