• 在庫車リスト
  • パーツ販売
  • 納車ブログ ゴルフ2仲間ニューカマー
  • 小倉正樹のニナルハズ物語
  • WEB雑誌 ゴルファーズシリーズ
店舗情報
スピニングガレージ

〒252-0154 神奈川県相模原市
緑区長竹2748-1 地図
TEL : 042-780-8198
FAX : 042-780-8199

プライバシーポリシー
スピニングガレージ

なぜゴルフ1じゃなくてゴルフ2なのか?

Automobile CouncilのFBページの記事に、ちょっと興味深いコメントのやりとりがあるのを見つけてしまいまして。

画像に含まれている可能性があるもの:車
AUTOMOBILE COUNCIL

【HERITAGE CAR BEGINNERS Vol.3 スピニングガレージ】

あの車カッコいい!けどなんて車だろう…。会場で見かけた車達のあれやこれやをずばり語って頂きました。ヘリテージカーを良く知らない人にも、どっぷり魅力にハマっている人もに、皆さんに読んで頂きたいQ&A。

3回目となる今回はゴルフII専門店の「…

もっと見る

 

 

 

この記事のコメントで、「なんでゴルフ1じゃなくてゴルフ2なんだろう」っていう話題になっていて、確かに創業以来何百回聞かれたかわかんないしなぁ、なんて思いつつも、上手く説明するのは難しいな、とも感じます。


いわゆる”車好き”から見ると、古ければ古いほど価値がある、なのか、初代モデルこそがレジェンド足り得るんだ、なのか、ジウジアーロ直系デザインこそが本物、なのか……でも乗れば楽しさと性能と見た目と使い勝手といろいろ全てが高次元バランスなのは歴代ゴルフの中でも2が断トツなのに。

 

 

そんなこんなを考えていると、ふとコトバの神様が降りてきた!!晩酌してたらいい例えがひらめいちゃったんです。

 

前後ともリジッドのMTBって、スタイルとしてはいいし楽しいけど、山で走ると絶対ハードテイルのほうがいいじゃないですか。そしてよくできたクロモリハードテイルは、前後サスのMTBや最新のカーボンバイクを蹴散らせることもあるし。
そんなところが、前後リジッドのMTBがゴルフ1的、クロモリのハードテイルがゴルフ2的。フルサスやカーボンの先進的なMTBとかがゴルフ3以降のモデルに相当。

 

これなら100%、ゴルフ2をやる意味が伝わるはず!よしコメント欄に書きにいくべ!
……って思ったけど、車好きには全く意味不明な例えでした。でもせっかくなので、ここで僕の話を聞いてもらっちゃおう、と思ったので書いておきます>MTB好きのゴルフ2ラヴァーたちには、わかってもらえますよね(笑)

 

 

 

 

 

(追記)

そもそもこれを思った背景って、同じ山に中3日でゆーいちさんと走りに行って、ゆーいちさんはどっちの日もクロマグのジプシー(ハードテイル)。僕は一日目は前後リジッドのファットバイク、二日目はフルサスのScott。
どちらの日も、軽快に楽しそうに下るゆーいちさんの後ろ姿を見て、前だけはサスないとついていくだけでも困難だー、って一日目は思って、二日目は自転車の性能だけで下るよりOTAKE持ってきたほうが面白かったかもなーって思ったのでした。
それがちょうど、前後リジッドはゴルフ1とかカブリオみたいな空気感で乗るものだし、フルサスのエンデューロバイクはゴルフ7Rに乗って走るみたいなもんかなーって感じて。

 

コメント(0)

専門外の人が書く記事に限って

ステキな記事発見。

こういう、”専門外のプロのライターさんが素人目線で書く記事”って、妙に説得力をもって響くときがありますよね。

 

そんな記事の中で、いちばんの実例としてゴルフ2が挙げられているのは興味深いです。

いよいよ時代が、ゴルフ2を旧車として欲してきているような気がします。

 

「あの頃は今と違って〇〇だったから、もっと大変だったぞ。それに比べたら今のお前た – Yahoo!ニュース(投信1)
HEADLINES.YAHOO.CO.JP

コメント(0)

やっぱりベーシックグレードが好き♪

今日の午後は沼津で登録。

ノーマルAT車でも、重量が軽いぶんだけ3ドアは軽快感があってきもちいいです。

この乗り味は、ほんとたまらん。特にこの1台は、歴代オーナーさんの乗り方も手荒じゃなかったようで、やさしい乗り味の中にもボディはがっちり。個人的にこういう乗り心地好き!


それにしても、いつも沼津は渋滞ひどい。今日もインターから陸運局まで小一時間かかりました。ゴルフ2はエアコン効くからまだいいけと(笑)。


#vwgolf2 #golf2 #cli #3door #ゴルフ2 #スピニングガレージ #spinninggarage #golfmk2

コメント(0)

むち打ちだからこそわかる、ゴルフの乗り心地のよさ

事故でむち打ち治療中の私ですが、今はまだ半日くらいしか集中力が続かず、あんまり仕事では使い物になりません。。ご迷惑をおかけしておりますm(_ _)m

そんな感じなので、車を運転していても、痛くなったり気持ち悪くなったりするクルマと、意外と快適に乗っていられるクルマとがあります。

 

特に、普段乗っているクルマでいいますと、代車くんの旧型マーチと、よくできたゴルフ2のノーマル車との差が、てきめんに体感できるのです。これはこれで、むち打ちになる前には感じられなかった新たな発見です。何の違いが、ここまで自分の首に負担がかかるのか、乗りながら考えてみました。

 

 

 

最近の車の中では、とってもよくできていてバランスが良くて、維持費もかからず、見た目もかわいいということで、もっぱら当店の代車くんは旧型マーチばかりになりつつあります。

ゴルフ2を代車に回すと、修理代がめちゃくちゃかかって、それが経営を圧迫していた!というのもあったのですが(余談)。

 

マーチはじめ国産コンパクト車の、ふわりとした乗り心地が、「乗り心地が良い」と感じる人と、かっちりした乗り心地が、「乗り心地が良い」と感じる人がいますが、僕は普段は、この乗り心地は「どちらもこれはこれでいい」と思ってはいたのですが、今の体にはとてもこたえます。ゴルフ2やカブリオの乗り心地なら、ゆっくり荷重移動すれば大丈夫なのですが、マーチだとどんなに気を遣って操作しても不意に首が揺られるらしく、痛いわ気持ち悪いわで、両車のつくりの違いを痛感(文字通り・笑)。

 

路面の荒れに対して、ゴルフは硬めではありますが、スッと追従してすっと揺れが収まる。マーチはやわらかくいなしてくれようとするのですが、ピッチングが一度で収まらないことも多く、その方向もイマイチ定まらず、路面状況とも直結しきれていない感じ。

まあこれが、うちの代車君でもっと古い、パッソやブーンだとよりてきめんにダメなんですけど。

 

これまではゴルフ2とマーチの乗り心地の差は、足の硬さと、車体が得意とするスピード域の関係によるところが大きい、と思ってきましたが、どうやらそれだけでもないようで、あまり体感しない微弱で不定期かつ方向の読めない振動の蓄積が、疲労につながっているようなのです。

 

 

 

今のところ僕の痛みセンサーで、縦揺れの収まりの秀逸度がよくできてます順で、普段乗っているクルマたちを並べてみますと、

ゴルフ2CLi系のフルノーマルMT車(タイヤも13インチだと文句なしで飛びぬけて一番!)

ゴルフ2ディーゼルのフルノーマルMT車(ディーゼルの振動も走り出せば全然気にならない!)

ゴルフ2のフルノーマルAT車

ゴルフ2のビルシュタインB12キット入りAT車

カブリオのフルノーマル車

ゴルフ2GTIのビルシュタインB12キット入り車(これとカブリオとの差は体調次第かも)

(ここから上は乗っていられるし、いわばちょっとした差。ここから下は乗っていて耐えられなくなることがあります。ここら辺からの差は大きい)

ジェルフ(ジェッタというかゴルフというかの、街乗り車高調とバケットシート入りAT車。かなりキツい。まさに通勤が痛勤。)

ゴルフ5GTIのフルノーマルMT車(ノーマルなのにけっこう足かたくてストローク少ないよ!)

代車のマーチたち

代車のパッソとかブーンとか

マツコちゃん(トラックなので当たり前か。でも気を付けて走ればマーチといい勝負の疲れ具合)

という感じです。

 

こう並べてみると、ゴルフ2GTIのフルノーマル車がどのあたりに入ってくるのか、ゴルフ3GTIだとどの辺に位置するのか、試してみたくなりますね。

あと、最近乗ってみたいとひそかに思っている新車たちの、ロードスターとかデミオ15MBとかアルトワークスとかゴルフ7Rとかも、今の自分の状態で乗り比べてみたい。

 

そんなことやってたら、いつまでたっても回復しないから、やりませんけどね。

 

でも、こういう体の状態だからこそ、普段の評価軸とは違うところで、クルマのサスペンションやタイヤやボディのことを考えられるのは、新鮮で興味深いです。

コメント(2)

技術が進化したら、シンプルになったっていいじゃない!

新型のデュラエースが発表になりました。今度はフロントのギヤがシングルにもできる方向へ。時代の流れですなー。

 

自転車の世界は合理的だ。リヤのギヤの段数が増えたことによって必要なギヤ比をカバーできるようになったから、前の変速機がいらなくなる、というのが最近の流れらしい。

それに引きかえ自動車の世界は、どんどん新しい技術で部品点数や制御が増え続ける。

 

最近の大阪駅の事故をやけにマスコミで騒ぐなぁと思ったら、どうやら自動ブレーキも標準装着になる流れに向かうらしい。

あの痛ましい事故を引き合いに出すなら、プリウスのATシフトレバーが直感的な人間の操作と相いれないよね、とか、そもそもATじゃなくてクルマがみんなMTだったらこんなことにならないよね、っていう議論が多少はあってもいいと思う。

 

技術の進化は右肩上がりで一方通行でなければならない、っていう考え方は、僕はなんとなく好きになれない。技術の進化によってシンプルで高性能かつ安全な乗り物を提案することができれば、もっとクルマの世界だって面白くなるかもしれない。燃費だって、軽いほうが良くなるわけだし。

 

近未来のクルマは笑えないほど非合理的で非人間的な乗り物になりそうで、空恐ろしいです。安全と、万が一の事故のときの責任を、だれが担保してくれるんだという議論もあまり活発になされていないし。自動運転、自動ブレーキはクルマに新たな価値と可能性を付加すると思いますが、インフラや法整備も同時進行しないとまずい気がします。

 

 

 

今度、自転車に乗りながらこんな話を、下野康史先生に聞いてみたりしたいなー。

 

 

 

現在の技術で、思いっきりシンプルで高品質かつ安全なゴルフ2を新車で作ってみましょうとか、そんなことができたらとてもうれしいことなんですけど。

コメント(0)
1 / 712345...最後 »
スピニングガレージ/アクセス・地図 お問い合わせ 中古車販売に関するお問い合わせ パーツ販売に関するお問い合わせ
?
PAGE TOP