• 在庫車リスト
  • パーツ販売
  • 納車ブログ ゴルフ2仲間ニューカマー
  • 小倉正樹のニナルハズ物語
  • WEB雑誌 ゴルファーズシリーズ
店舗情報
スピニングガレージ

〒252-0154 神奈川県相模原市
緑区長竹2748-1 地図
TEL : 042-780-8198
FAX : 042-780-8199

プライバシーポリシー
スピニングガレージ

GKMウェブストア、オープン!

GKM webstoreオープン記念で、買いのがしてたCDをゲット!サインもありがとうございますー!!これ聴いて新年は気合い増します。

もうずいぶん昔の話ですが、GKマーヤンがブラックリミテッドを当店でお買い上げしてくれたのは、もう15年くらい前のことだったっけ・・・それまでは日本語ヒップホップはあまりわからなくてどこからどう攻めていいやら、っていうくらいだったのが、グッとハマるきっかけになりました。


#gkm
#gkmaryan #kaminari #spinninggaragemusiclife

コメント(0)

カラムシライブで忘年会

一応今年の営業も終了です!今年もありがとうございました!ということで恒例の忘年会でした。

場所はいつもの、カブリオ乗りりゅう店長のナナフクさん。

かをりちゃんと僕セレクトの樽生クラフトビールも3種類ご用意。

 

 

そして音響はCLi乗りのギターアンプショップ、西田製作所プロデュース!

 

 

僕がBGM担当のDJをやらせていただきまして、

 

 

メインイベント、いつものカラムシライブは大盛り上がりでした。ありがとうございます!!

 

(会場内のみなさんの写真をUPしていいか確認撮り忘れちゃったので、そこはUPなしですみません。基本子供たちと大きな子供たちwがワイワイ騒がしいいつもの感じでしたが・・・)

 

 

そしてライブが終わってから、翌朝までの記憶がワタクシ全くございません。

毎年この忘年会だけは、やらかしてしまいます・・・。

大変申し訳ございません。来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

コメント(0)

カラムシ&スーパーフレンズ!

カラムシ&スーパーフレンズ、やっぱ楽しい!!来れてよかったー。

午前中、スマホに書いてた仕事メモと月末月初のTodoリストがエラー消失しちゃって、もう、バイクロア前に終わらせなきゃいけない仕事を完了できる気がしないし、今夜のカラムシライブも行けないかも・・・(TT)

なんて、呆然としちゃって仕事やる気ゲージが0%になってしまいましたが、どうせ現実逃避しなきゃいけないならライブ聴きに行こ、って思い直して来てしまいました。

 

明日のことは明日考えよう。

 

♪息を吸ってるだけで 金がかかる幸せな国で 俺は生を受け 今は歌ってる♪

♪ただ生きてるだけで 金がかかる幸せな国で 君は生を受け 今は何してる♪

 

今回のニューアルバムの中では、このフレーズがやけに頻繁に脳裏に浮かんできます。

いつもカラムシさんには、脳みそをほぐされるような感じがします。そしてどこまでも流れる音は心地良い。

 


#カラムシ #karamushiandsuperfriends #karamushi#powers2 #spinninggaragemusiclife

コメント(0)

ROOTS TIME@厚木Thunder Snake

カラムシライブ、今日も最高すぎだー!


目一杯笑わされ、鬼気迫る迫力もあり、でも結構下らないこともいっぱいやってて、そんな中でたまに心を鷲掴みにされ人生をふと振り返り、気づくと涙が出てたりする。
“俺の人生、カラムシ聴いてればもう大丈夫っ”って歌いたくなる。


この、何にも囚われず、全てを広く適当に包み込む感じって、やっぱりゴルフ2っぽいな、と思う。

 

カラムシさんはゴルフ2じゃなくてジェッタ2乗りだけど。


#カラムシ #karamushi #karamushiandsuperfriends #vwjetta2#spinninggaragemusiclife

#今日発売の7インチシングルは必聴まさに魂のこもったヴァイナル買うべし

コメント(0)

僕にとってのDJ

またネットで発見、面白い記事。

僕にとってのDJって、「その場の空気感を醸成するための触媒のように選曲をする人」っていうイメージでした。
なるほど、これを読んでわからないことだらけではありますが、一方通行的な追認を前提に社会づくりがしたい人たちと、クラブピープル(死後か)の相性は確かに悪そうです。

 

当時のクラブの箱の中みたいに、ごっちゃな価値観がカオスになりながらも、箱としての色があり、ある程度のコミュニティとしての理性が保たれるのって、各地域社会の作られ方の理想にもかぶるものがあるな、と思いました。

でもそれって、いくら文句は言っても社会は変えられないから、という前提で足の引っ張り合いに終始するような人たちを適当に飼いならして効率よく徴税できているのが合理的、とする現代の社会管理手法のメインストリームとは相反するものだし。

 

「唯一絶対かつ普遍の正解」なんてものは存在しないし、無数にある正解の中からその幅をみんなでうまいことセレクトしながらやっていこう、っていう価値観のぶつかりあいと修正とお互いのリスペクトが、いい社会づくりには必要なんだよな、きっと。

 

DJがクラブに持ち込むときのレコード箱の中にあるレコードが、↑でいう無数の正解たちで、その日の空気に合わせて使われるレコードと使われないレコードがいて、使われるレコードたちがその日その場のコミュニティの価値観を反映している、という感覚・・・・・・と言っても、今の人ってDJがアナログレコードを使うということがもうすでにわからないという隔世の感(笑)。

 

 

1970年代初頭NYのディスコ・カルチャーに端を発するクラブ・ミュージック/DJカルチャーの歴史は、今、日本で「DJカルチャー」に親しんでいるどれだけの人に共有され、必要とされているのだろうか。NYのラリー・レヴァン(Larry…
FUZE.DJ

コメント(0)
1 / 1612345...10...最後 »
スピニングガレージ/アクセス・地図 お問い合わせ 中古車販売に関するお問い合わせ パーツ販売に関するお問い合わせ
?
PAGE TOP