• 在庫車リスト
  • パーツ販売
  • 納車ブログ ゴルフ2仲間ニューカマー
  • 小倉正樹のニナルハズ物語
  • WEB雑誌 ゴルファーズシリーズ
店舗情報
スピニングガレージ

〒252-0154 神奈川県相模原市
緑区長竹2748-1 地図
TEL : 042-780-8198
FAX : 042-780-8199

プライバシーポリシー
スピニングガレージ

「間違いだらけの中古車選び」を、さらに14年後に読み直す。

仕事もできない、遊びにも行けない隔離中の今の僕には物欲しかありません。
というのは3%くらい冗談で、乗り物の本ばかり読んでいますが、島下さんの「クルマ選び」を読んだ上で、過去の徳大寺さんのを振り返るとまた新たな発見があります。


2004年時点での前書きの中ですでに、”今や自動車というものは(中略)ともかく合理、合理という言葉で利益追求構造なのだ” “自動運転はもうすぐそこまできている” “日本の自動車シーンの中で記憶されるべき年は1989年であると思う”などなど、2018年の今にそのままつながる言葉がたくさん見られ、一冊通して拝読しても全く色褪せた感がない。そしてこの徳大寺さんの筆の魂は、島下さんにきっちり受け継がれているんだな、というのを感じました。


病気になると涙腺ゆるくて困ります。こんなことを感じながら読んでるだけでも泣けちゃうんですよ(笑)。

そしてこれ読んで、これまでノーチェックだったけど、改めてディオン、オーパ、YRVは乗ってみなくては、と思いました。今の感覚で乗ると僕やうちの店のみんなはどんなことを感じるんだろう。

 

コメント(0)

間違いだらけのクルマ選び 2018年版

「間違いだらけのクルマ選び 2018年版」今回も楽しく拝読!

島下さん単独著書になってから確か3冊目ですが、読んでいてこれは、年に一度の島下さんの頭の中の棚卸しをしながら、時流を読んで提言するための本になっているかもな、と思いました。



正月休みに、僕もこれまでの一年とこれからの一年を考えながら読んで噛み締めるのを、毎年の楽しみとして習慣化したいです。

 

EVの普及に対して、「政治の都合とメーカーの論理に踊らされるな」といい放ち、自動運転に対しても「自動運転化の推進が社会に何をもたらすのかという明るいヴィジョンを打ち出してほしい」と明言する一節は痛快。

 

また、MTのシビックがきちんと売れているという話や、フリードをはじめとした最近の国産コンパクトの実力がすごい、というところは面白かったです。僕の周りでも実際、でかいミニバンではなくフリードあたりをきちんと使い切ろうという人が増えている印象があります。

でもその考え方って、クルマはゴルフ2が必要十分だよね、っていうところに行き着く議論と根っこが同じ(笑)。

 

 





#間違いだらけのクルマ選び
#島下さんの一生ものの1台は何になるのか気になるね
#僕もそろそろゴルフ2じゃないイマドキのクルマも買ってみたいけどなかなか絞れない

#いろいろ考えながらも堂々巡りを繰り返して毎年ゴルフ2にやっぱり落ち着いております

コメント(0)

「東京都庁の深層」柳ヶ瀬裕文

海城時代の同級生、柳ヶ瀬くんの本、読みました。


「強くなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない」
その通りだ。これからの僕の後半の人生の課題にもなってくる気がします。


#柳ヶ瀬裕文 #東京都庁の深層 #同級生の著書

#昔の仲間が違う世界で何を考えて社会をつくっていこうとしているのかを知るのは大切だと思ってます

#縁ある仲間とはまた必ずコラボのポイントもできるもの

#spinninggarage読書life

コメント(0)

「スマホが神になる」島田裕巳

題名が気になって、本やさんでつい手にとっちゃいました。電車の中でざっと読み。

 

なるほどこれは確かにもう、現在の情報拡散力があれば、信仰によって人がコントロールされる必要も、する必要さえもなくなるかもしれない、と感じました。

前書きの中で大学の時に習ってた御厨先生の名前が出てきてちょっとびっくり。

けっこう、読む本のなかでお名前をお見かけすることが多いです。すごいなぁ。

 

ここでロマンチックな表現を好む人なら「御厨先生と私とのご縁を感じます。もう卒業して20年以上たつけど、私のことをおぼえてくれていたら嬉しいな。」なんて書くだろうし、リアリストな表現を好む人なら「学生時代に影響を受けると思想や論理構成、嗜好にいたるまでその影響が色濃く残る。何気無く手に取った本の中で先生のお名前を拝見する機会が、いまだに多い。」なんて書くのだろうか。

実際は、それだけいろんな本に名前が出てくる有名な先生の講義を受けることができた、というのが、良い学生時代を過ごせたね、ってことなんでしょうけどw

 

 

#スマホが神になる#島田裕巳#御厨貴#spinninggarage読書life#

コメント(0)

バイクパッキングBOOK 北澤肯

近所で一番大きな本屋さんに行ったら、北澤さんの本と島下さんの本が仲良く並んで目立ってた。なんだかとっても嬉しい!

島下さんの本は持ってるので、北澤さんの本を早速買って帰ってきました。

バイクパッキング、といっても僕はあまりピンときてなくて、また自転車業界の新しい市場開拓の文脈なのかなぁ、って思っていたんですが、この本を読んで納得。反省。

「道具の進化が、楽しみの幅を広げてくれる」っていうことだったんですね。これは流行りそう、というか新ジャンルになりそう。

そして「バイクパッキング」という用語がわざわざ使われなくなるほど、このスタイルに目新しさがなくなるころには、自転車は速く走るだけが楽しみの正解じゃない、その人の数だけ楽しみ方があって、乗れる空間の幅を広げてくれるものなんだ、というのが根付いていそうな気がします。

 

今は速く走れない身なので、余計、こういう軽くて新しい道具を使って、自分の移動の幅を増やして遊びたいな、って思います。

 

 

 

 

#バイクパッキングbook #bikepacking #間違いだらけのクルマ選び #spinninggarage #spinninggarage6wheellife

コメント(0)
1 / 712345...最後 »
スピニングガレージ/アクセス・地図 お問い合わせ 中古車販売に関するお問い合わせ パーツ販売に関するお問い合わせ
?
PAGE TOP