メディア登場情報
HOME > メディア登場情報
  • メディア登場情報
  • メディア登場情報(映像関係)
  • メディア関係者様へ

メディア登場情報

月刊ビッグトゥモロウ11月号


 

まさかこんなところから取材依頼が来るとは・・・車雑誌以外の本に載るのは恥ずかしいですね。

そして、まるでお話のストーリーみたいに良く書いてもらっていますが、実際はこんなステキなもんじゃありませんけどね(笑)

 

実はいつも金がない~ってバタバタしてるなんていう風には、この記事を読んでると全然見えないので、実像もそれに合わせてがんばらないと!

 

 

今回見本誌をいただいて、久しぶり(おそらく15年以上か)にBIGtomorrow誌を読みましたが、思えば創業準備中のころ、最初の就職がうまくいかずにすぐに退職してしまってから保険で開業するまでの1年くらいの間は、毎月読んでいました。その頃の自分を思い返すと、今はいろいろ楽することを覚えて、甘えてしまっていかんな、と反省。

 

初心に戻って、また気持ちを新たにして、仕事を楽しくがんばりたいです。

 

 

(店長ノブ田中)

GooWorld関東版 9月号



 

 

 

誰もが畏怖する大御所、熊倉重春氏の名物コーナー”HUNTER CLUB”ですが、今回は一風変わった新機軸!

未完成の原石、壱萬円ゴルフが記事になってしまいました。

 

熊倉さんといえば、筋の通ったがっちりとした言葉で、厳しいところはすごく厳しい人なので僕らも少々緊張してしまったりもするのですが、時折車に話しかけたりしながら壱萬円ゴルフをさわっていく姿を見て、ベースはとても暖かくて優しい人柄なんだなぁ、というのを感じました。

このバランス、まさに昭和のオヤジのカッコよさですね!

Tipo 7月号


Tipo7月号の28~29ページに、久保さんのカブリオが登場!

 

ここだけの話ブチョーひらばやしは、久保さんがうちにカブリオを買いに来られたときは、”すげー人が普通にお客さんで来てしまった!!”って、舞い上がってしまったそうです(笑)

昔のポカールレースのビデオにも出ていたりしますし、ゴルフ2好きの僕らにとっては、レジェンドな存在ですね!

「ハイパーレブ vol.181
フォルクスワーゲンゴルフ チューニング&ドレスアップ徹底ガイド」



 

 

 

なんと表紙に加藤さんのカップカー!これは家宝級ですね!

ゴルフ2がムック本の表紙になるなんて、ずいぶん久しぶりだと思います。


89ページに店取材、90~91ページに、デモカー取材が入ってます。

デモカーとして、ゴルフカップS2クラスで活躍中の加藤さんのGTIに登場していただきました。

このGTIが一番、今うちのお客さんの中で、細部まできちんとバランスよく手が入っていて完成度が高く、かつ一見ノーマル風でいじっているように見えないという渋い雰囲気なので、トレンドに流されないハイパーレブに登場していただくのが合うかな、と思いました(^^)

「フォルクスワーゲンマガジン2014」



 

 

 

70ページ、71ページにデモカーの取材。
そして、107ページにお店紹介があります。

 

1台目のデモカーとして、ゴルフカップS2クラスでおなじみ、枝野さんのGTIに登場していただきました。

車全体から目をひくオーラがぷんぷん匂っていて、かつ走らせるとキレのいい動きとコーナリングスピードの速さが目立つ一台。車の戦闘力のみならず、ドライバー枝野さんとの組み合わせで、より輝いているクルマなので、”カスタム誌だけどモノありきではなく人にフォーカスする”VWマガジンに合うかな、と思って、出てもらっちゃいました。このGTIは本当に、人とオーナーの相乗効果のお手本みたいな感じがします。

 

2台目は、僕の愛車ムラサキが出させてもらっています。

 

基本的にスピニングガレージでは、デモカーというものは製作しません。どこかで”デモカー”として取材されることがあっても、どの車もオーナーがいる”リアルな一台”です。なのでムラサキも、オーナーと車の組み合わせの、実例の一つでしかありません。

店のスタイルはこれだ、みたいなのを作って、それをお客さんにあてはめていったって、何が楽しいのか僕らにはイマイチよくわかりません。「この人らしい」ゴルフ2のありかた(スタイル)って何かな、というのを、オーナーさんと一緒に考えながら作っていくのが、一番楽しいです。だって、あらかじめ誰かが用意してくれた結論に最短距離で到達して、それで完成したように錯覚してしまうのでは、ちょっと味気ない感じがしませんか?

そのプロセスこそが、とても貴重ですし、一旦完成したと思ったら、自分の感覚や車に求めることもまた変わってきたりして、なんだかんだで永遠に完成しないのがまた面白いところでもあります。

 

(店長ノブ田中)

Tipo 2月号


Tipo2月号の34~35ページに、カブリオが取材されました。

 

日経レストランONLINE Special


なんと、分煙を通じた接客への取り組みというテーマで取材を受けてしまいました。こんな偉そうなカッコイイことを言ったつもりはないのですが・・・ライターさんの表現力ってすごいですね(^^;; ちょっと恥ずかしい・・・。

 

 

僕自身は、タバコは吸いませんが、周りで吸っているのはそんなに気にならないタイプです。

煙たくってイヤだな、と思ったら、吸うのをやめさせたりどかさせたりするんじゃなくて、自分がその場所から一旦離れます。

 

喫煙にしろ嫌煙にしろ、そのどちらかを「権利」としてふりかざして他者をねじふせようとする構造に陥ってしまうのが、一番問題をめんどくさくさせますよね。ルールはルールのために存在するんじゃなくて、みんながみんなを思いやれるように、そのガイドラインを示すために存在するものなのに。

 

そんなところから考えると、飲食店でもない僕らは、「分煙」というしくみ自体がそもそも必要ないし、かつ、そこには「ソリューションなど必要ない」という結論になってしまうのですが、さすがにこういう趣旨の取材にそんなお答えをしたら、禅問答になってしまいますからね。

 

 

行きつけの飲食店なんかでも、喫煙とか分煙とかじゃなくて、自然に、吸いたい人と吸わない人が共存できるように理解しあっている空間ができているところは、居心地がいいですよね。気を遣い合ったり遣わせあったりするんじゃなく。

その、”人と人とが自然に心が通じあう瞬間の心地よさ”が、生きていてとても大切だとすると、喫煙/非喫煙という立場の違いは問題の根源ではなく、機会の一つでもありますよね。

 

(店長ノブ田中)

car magazine 426  2013/12


カーマガジン誌のボーイズレーサー特集に、うちのフルノーマル極上在庫車の16vが「ヤングタイマー」として試乗インプレッションつきで取材されました!

今乗るとゴルフ2のGTI-16vがどう面白いかが、短い記事の中で凝縮されていて面白いです。取材陣のかたがたも、2はいいよね~と、終始いい感じのテンションでしたよ!

 

CAR TOP MOOK VOLKSWAGEN NEW GOLF



ゴルフ7の新車を紹介するムック本に、車両協力させていただきました。
ゴルフ1はご存知よこかわさんのミズ号、ゴルフ2とゴルフ3は当店の車です。

新車発表会イベントにも、当店の車たちはひっぱりだこでした!やはりゴルフはすごい。

そしてミズ号オーナーのよこかわさんは、プレス発表会で歴代ゴルフを並べ、ジウジアーロ氏を呼んでしまい、歴史的な一夜をプロデュースしてしまった!! 仕事と趣味を両立したMAXの晴れ舞台、一生の思い出になりました。

VW+STYLE


ニローネ移転2日後に取材に来ていただきました!
引越しでテンパってて雑誌露出どころじゃないっす、っていったんはお断りしたのですが、そうしたら取材を移転直後まで待ってくださって、良い感じのニローネ紹介記事みたいに書いていただいて、めちゃくちゃ感激です。
楽しいところに引越したんだな、という感じがすごく伝わってくる写真と文がステキ!

グーワールド3月号


特集「フォルクスワーゲンが愛される理由」のトリに紹介されました。

 

店長ブログこちらから

http://blogs.yahoo.co.jp/spinninggarage/63497495.html

ヒストリックカーデイズ Vol.1


「HISTORIC CAR PEOPLE 002」

期待の若き日本画家は大のクルマ好き!!

愛車ゴルフIIで何処へでも・・・・・・

 

 

ご存知、ゴルフ2乗りの日本画家、小原祐介さんが見開きで取材されてます!

これはうらやましい(^^;;

 

この本も、”人の取材があって、その人の生活の中にある車が出てくる”、というスタイルですね。ある意味当店のゴルファーズダイジェストと似ています。 車の本も、だいぶ面白くなってきましたね!

ゆるいクルマ STYLEBOOK



「クルマも好き」

くらいが、ちょうど良い
おしゃれオーナーと愛車の、ゆるーい関係

 

 

後藤さん、かっこいいですね~!

うちの黄色も、ちゃっかり載ってます(^^)

 

いわゆるクルマ雑誌が、原理主義的かつ排他的になりすぎてつまらなくなり、膠着したクルマ趣味の世界ができあがって久しい感がありますが、こういった異業種から来ているクルマ本が、多くの人の共感を得て、「十人十色のライフスタイルの中に寄り添う、十人十色のクルマ文化」という形で根付いてくれたらすごいいいな、と思います。

じっさい、スピニングなお客さんって、「ゆるいクルマ」誌に出てきそうな雰囲気の人がすごく多いですものね(かをりちゃん談)

レブスピードno.2651月号


「EVENT REPORT」

第6回レーシングECO耐久 2012.10.13 袖ヶ浦フォレストレースウェイ

 

なんと僕らのゴルフ2が優勝してしまった!!これは歴史に残る勝利か?

 

店長ブログでのレポートはこちらから(^^;;

http://blogs.yahoo.co.jp/spinninggarage/63291796.html

NAVI CARS 03



「1万円ゴルフで行く、1万円ドライブ!」

ツリーハウスの森で「くうねるあそぶ」

あんまり壊れない壱万円ゴルフは、雑誌やさん的には面白くないらしい(笑)

 

スピニングガレージ/アクセス・地図 お問い合わせ 中古車販売に関するお問い合わせ パーツ販売に関するお問い合わせ
?
PAGE TOP
リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー