コンテンツ
HOME > 二ローネご近所ガイド

二ローネご近所ガイド

ちょっと通勤ルートを外れると・・・、

今のうちに見ておかないと、今年の紅葉そろそろ終わっちゃいそうだなーと思って、通勤ルートをあっちこっち寄り道。

近くの「串川」に近いところの道は、川もキレイだし紅葉も見れて、稲刈りの跡もこの辺ではなかなか見れないのでいい感じ!

 

お天気がいいとお散歩サイクリングが楽しいです。

この写真の場所は、スピニングから裏の広い農道に出て左のほうに行って数百メートルのあたりです。

 

 

でもこれじゃ、いつまでたっても店に着きませんね。いつもは30分で店までつくのに、今日は2時間もたってました(^^;;

コメント(0)

津久井の地酒「相模灘」の、久保田酒造。

当店から5分ほどのところにある、造り酒屋さんです。

酒造りの基本に忠実で、少量生産の手造りなので、日本酒マニアにとっては知る人ぞ知る蔵元なのだとか。

(僕の行きつけの”カフェこたつ”で相模灘を置いているので、受け売り情報です~)

 

ニローネから、県道510号線に出て橋本方面に2キロほど走ると、県道沿いに「相模灘」という大きな看板と、眼下の串川沿いに大きな古民家(というかお屋敷)が見えてきます。(地図はこちらから)

 

さすが、江戸時代から続く蔵元、という風格。

 

 

中に入ると直売してます。

ここでしか買えない、限定醸造のものもあったりなかったり。

 

僕は純米酒や期間限定の生酒が好きですが、相模灘の梅酒もおいしいですよ。

我が家には大体両方とも常備しています!

 

伝統を大事にする酒造りをしている一方で、今の代の社長はすごく若かったり、ウェブサイトもとてもスタイリッシュだったりして、そんな意外性も素敵です。

 

 

 

お酒が好きな人にはもちろん、「スピニングに来たら一度は寄ってみるべし!」って自信を持っておすすめできますが、そうでない人も、ここの立地と建物の風情を楽しみに訪れるだけでも、楽しいと思いますよ。

建物は、神奈川の建築百選にも、選ばれているそうです。

 

 

(店長ノブ田中)

コメント(0)

ニローネご近所散策(自転車)韮尾根~雨乞山

今日は、大竹さんが車検が終わったCLiを引き取りに、秦野から丹沢を越えてマウンテンバイクでご来店!せっかくなので、お昼休みにこの近所でいっしょに走ってくれませんか?あわよくば乗り方教えてくれませんか?的なことを頼んでみました。
オオタケさんありがとうございます!
というわけで、手軽に走れるところを探しに、まずは店の裏山へ。
スピニングガレージから右に出て、300メートルほど走ると「雨乞山」への道標がありますので、そこから未舗装路に入っていくと・・・・・・もうすごく楽しいトレイルでした!
そして店からわずか20分ほどで、雨乞山の山頂です(^^;;

改めて思いましたが、なんて素晴らしいところに引っ越して来ちゃったんでしょう!
これなら昼休みの間に、行ってぐるっと遊んで帰ってこれます。
オオタケさんに、基本的な乗り方は教えてもらったし、僕のロードの乗り方からどこを修正すればいいかも教わったし、あとは慣れるだけ、かな・・・?
MTBはトラクションのかけかたが難しいですが、クルマでサーキットを走る時みたいな面白さがあります。
特にハードテイルのマウンテンバイクだと、後ろをかたくして侵入から角度をつけていくFFのコーナリングとちょっと似たところがあって、なんだかゴルフ2のGTIでサーキットを走っているみたいでした。
ここなら、うちの店からすぐ行けるし、何かトラブルがあっても歩いてすぐに帰ってこれるので、整備待ちのお客さんにも、ちょっと行ってきます?みたいな感じで誘いやすいです。
また引き続き、ご近所で楽しいところを探しまーす。

コメント(0)

ニローネご近所散策(自転車)仏果山~宮ヶ瀬越~仏果山登山口~宮ヶ瀬ダム

(前回の続きです)
仏果山の山頂付近に来ると、ようやく自転車に乗れるような道も出現しまして、

楽しくなってきました♪
仏果山からは、宮ヶ瀬越まで尾根づたいに出て、そこから宮ヶ瀬湖沿いの登山口のバス停まで降りていきました。
こっちのルートは、比較的狭くて急な木の階段状の道と、マウンテンバイクで走れる細い道とが交互に現れる感じで楽しめました。オオタケ号にもだいぶ慣れてきたかな??

ロードだと、とりあえず速く走る、というのが第一ですが、マウンテンバイクで山に入ると、すごく低速でライン取りを考えたり、転ばないように荷重移動を考えながら走るので、車でサーキットを走るときと似たような頭の使い方をしている自分に気がついて、それも新たな発見。
自分はオフロードみたいにグリップしない道を走って、果たして楽しいんだろうか?なんてことを思ったりしていましたが、きっちり作られた自転車に乗ってオフロードを走ると、ことのほか気持ちいいです。ここら辺はさすがオオタケさんプロデュースだ~。
半原から仏果山頂上までは、3人のハイカーさんと、幼稚園の遠足っ子たちに合いましたが、こっち側は誰とも会わずに下山でした。穴場なのかしら?でもまだ、このあたりは散策コースがいっぱいあるので、一つ一つ行ってみようと思います。
ニローネに引っ越してきて半年たって、ようやく落ち着いてきた?ので、ご近所を満喫しながら、少しずつご紹介していこうと思います。

最後は、「仏果山登山口」というバス停の前におりてきました。
ここからは、スピニングまでクルマでも5分、自転車でも10分ほどで帰れます。
せっかくなので、宮ヶ瀬ダムにも寄り道。

ここのすぐ脇には、「水とエネルギー館」というのがありまして、ダム見学したり、社会科見学的に楽しめます。
最近はうちの息子が、科学館とか資料館、博物館的な場所が好きなので、こういうところに連れてきてあげると、父ちゃんの株が上がります。パパさんな同志よ、ご活用を。
うちの店からダム見学とかあいかわ公園散策、服部牧場散策なら、親子サイクリングやお散歩、カップルで軽くウォーキングでも行ける距離なのでおススメです。

コメント(0)

ニローネご近所散策(自転車?)仏果山

一昨日の昼休みの続きです。そのまま、4時まで待ちのすき間時間ができたので、もう少し足を伸ばしてみることに。
まずは一服。前から気になっていた古民家カフェ「仏果堂」に行ってみました。宮が瀬湖から半原に下りていく県道514号線沿いにあります。
http://bukkado.pocketguide.jp/top.swf
自家焙煎の珈琲がおいしい。古道具やさんも併設していていい雰囲気。

テラスからはニローネのうちの店も、小さーいですが見ることができました。

さて、この仏果堂さんのすぐ近くから、仏果山へ登るハイキングコースの入り口があります。せっかくマウンテンバイクで来ているので、ちょと入ってみようかと思って入ってみましたが・・・。

あっという間にずんずん山登り、っていう感じで、自転車で乗れるような区間はほぼなく、8割は担いで歩いてました(笑)
まあ、愛車を連れて近所にプチハイキングに来たと思えば、それもまたよし、かな、と思いまして、とりあえず山頂まで行ってみました。


入り口から500メートルくらいの標高差ですね。歩きやすいところなので、幼稚園の子どもたちのハイキング遠足にも遭遇しました。うちの店の整備の待ち時間が2~3時間あれば、子連れで仏果山の頂上まで、お弁当持って行って帰ってくるのも楽しいと思います。
(続く)

コメント(0)
2 / 41234
スピニングガレージ/アクセス・地図 お問い合わせ 中古車販売に関するお問い合わせ パーツ販売に関するお問い合わせ
?
PAGE TOP